スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お試し外泊の意味

前回お試し外泊したダンナ。

今回も9月の頭と、次の週と、2泊3日のお試し外泊を2度することになった。

ダンナは嬉しいらしいが、私は憂鬱だ。


ダンナにとってお試し外泊は
「具合が悪くならないように安静にしてなにもしないで家にいること」。らしい。


だから前回もたまたまキッチンにいたダンナに

「ちょっとそのパン、チンしてくれない?」

 「俺がやるの!?病気の俺が?」 

だったら結構。
自分は上げ膳据え膳、全く何もやらないスタンスらしい。


私はそんな外泊は意味がないと思う。

ある程度の日常に耐えられるかを見る為のお試しだと思う。


今回、またお試し外泊の話をしていたので、

真綿で包まれたような外泊で退院の許可が下りると、退院してからも何もせず真綿で包まれたような生活をするってこと?

それは違うでしょ。

日常生活出来るように、リハビリのような外泊が大事なんじゃない?

前回みたいに何もしない。私に全てやってもらっていては意味がない。

少なくとも自分のことは自分でするくらいの気持ちでお試し外泊してもらわないと。

なにか役割を持ってもらおうとは思ってないけど、ボタン1つ押すくらいは頼まれたらやってほしい。」

と伝えました。

「うん、できることはやってみるよ。」


さて、9月のお試し外泊2回、どんなことになるのやら・・・










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

旦那さんは全てに解放された状態なんですかね?w

マリーンさんが仰るように、リハビリを目的の外泊が良いんでしょうね
そのうち、何かやりたいのに出来ない~って騒ぎ出すかもしれませんよw

オイラも最初は何もやる気がありませんでしたが
復活したいと思い出すと焦りました

それはそれでマリーンさんは大変ですかね?w

あきゅらさんへ

どうやら今は仕事を辞めて解放された感じのようです。

だからしばらくのんびりしたいのも分かります。

でもまるで旅館にでもいるかのごとく、まったく何もしないのもどうかと思うんです。

(ゲームで遊ぶ、漫画を読む、本を読む、録画の映画を見るとか、気分転換になりそうなことすらしない)
(昔ダンナの趣味だったものも一切しない)


今なら「やっぱり具合が悪くなった。まだ充電が足りない。」とか

「このくらいでも大丈夫だったから、もう退院しても大丈夫」とか、

体調次第で、どういう風にも対応してもらえます。

でも「安静にして大丈夫」ということで、退院して、すぐに具合が悪くなるのを、私は一番危惧しているのです。

退院してすぐ入院なんて・・・あんまりですからねぇv-394

ちなみに私の目から見るとダンナは「からげんき」のような感じで、今の段階ではすぐに悪化すると思ってます。
(10年鬱のダンナを見てきた経験より。)

ダンナの気持ちも分かるんですよ。

「入院が長引けばお金がかかる」

と思っているんです。

だからダンナには

「入院が長引いても、こじらせない方が良い。今しっかり体調を戻すことが一番なんだから、焦らないで!」
と言っています。
プロフィール

マリーン

Author:マリーン
鬱のダンナを支えて家庭を守っています。
平成27年秋から株デビュー。
なんとか数年で安定して稼げるよう猛勉強中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FCカウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。