スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本人の意思

11月1日は「寿司の日」。
ダンナはこの日を最後にビールを飲むのを辞めると宣言。

「だから今日は500ml×2本+350mlね~」

飲み納めか・・・な??
まあ、これで飲むのを辞めてくれるならいいか・・・

ということで、好きなように飲んだダンナ。

ところが、今日は体調が悪い。

そりゃそうだ。飲むのも良くないし、量も多い。

これで次の日はひどいことになると自覚してくれたら良いんだけど・・・

こればっかりはいくら回りが言っても、本人が自覚しないとどうにもならない。


スポンサーサイト

焦りなのか?

退院してからのダンナ、少しずつ充電しているようにも見えていたのですが・・・

ここのところ、調子がよくありません。

不安に襲われているらしい。

私から見ると
●飲酒をした次の日に身体がだるいのと具合悪い。
●頭の中で「就職しなくちゃ。このままでは生活出来ない。これからのことが不安。」と思っていて自分にストレスをかけている。
●私自身が減薬中(安定剤)。それをみて自分の薬の多さに嫌気がさし、勝手に安定剤を減らしたら、不安が出た。

焦るなと言う方が無理なのでしょうが、焦れば焦るほど具合が悪くなるのも事実。
何かやってないと余計なことを考えるなら、家事を受け持ってくれるなら大歓迎なんだけどなぁ~

今は夕方の散歩をなるべく行くように頑張ってくれています。
具合が悪くても行く。
日内変動では夕方は朝よりマシでしょうが、それでも辛そうな体調でもいっています。
頑張ってるなぁと思います。
でも頑張りすぎないで欲しいとダンナにはいってます。
天気のよい週3日くらいは20分コースでも、具合の悪い時は5分コースでもいいと言っています。

マラソンを最初から全力疾走したら続かない、そこに気づいてくれたら、長続きするのに・・・と思うのです。

ダンナが潰れないよう、毎回「手を抜くようにね~」と言わなくちゃ!
自分で自分をコントロール出来るようになったら一安心なんですが・・・

まだまだ就職は無理の体調です。

一人になるのが不安で、必ず私に付いてきます。
留守番も不安だそうです。
一人で外出するのも不安だそうで。

まずは留守番、一人で外出が出来るようになる。
これが当面の目標でしょうか・・・

退院後の生活

ダンナ退院して約一週間。

最初は全く何もしなかったダンナ。
ソファに座って、何をするでも無し。
当然、急に立って歩くと立ちくらみを起こす。

朝は6時にTVがつくので、否応なしに起こされるのだ(^^)/
まぁ、その後はまたうたた寝してもいい。
そして、7時に朝食。

このリズムだけは、身体に覚えさせておきたいのです。

鬱は自律神経が正常に働くようにするのが一番!

寝る。
起きる。
食べる。

この時間を規則正しくする!!

病院でそうだったろうから、良いものは続ける。


さて、今はまだまだ朝6時のTVは迷惑そうですが、家の中のことをほんの少し手伝ってくれるようになりました。

今は自分から夕方の犬の散歩(10分くらい)をするようになりました。

今度は、「お手伝い」ではなく、自分の役割として、何かを担当してもらいたい・・・

はてさて、どうなることやら・・・

お試し外泊 最終回

今回も週末にお試し外泊2泊3日。

自宅でじっと過ごすのではなく、今回は日曜日に電気屋さんにお出かけ。

さすがに混んでる時間帯は避けて、開店そうそうの空いている時間に行ってみました。

ちょっと気になる商品を少し見て、必要なものを買ってくると行った、滞在時間は長くはなかったのですが、
「人混みによって具合が悪くなる」とかの今までの症状がどうなるかを試してみました。

次の日も影響ないようで、かなり充電されているのかもしれません。

病院に戻ると、あれよあれよと退院の話が進んで、

明日、退院することになりました。

ダンナは好き放題寝て、好きなように暮らすのを企てているようだが、そんなことはさせないのだ


今回のお試し外泊

土日月とダンナ家に帰ってきていました。

今回は前回と違って体調を崩すこともありませんでした。

ソワソワ感とか落ち着かないから、「料理でもやってみるか」と料理中のところに来たダンナ。(ノ´▽`*)b☆

「じゃあこれ切ってくれる?」

フライパンで野菜を炒めていた所だったので、追加するたまねぎ椎茸をお願いしました。

ダンナは学生時代は自炊していた人なので、キャベツの千切りとか薬味のネギとかは得意だったんです。

今回は千切りではないのですが、自分で判断して頭と手を動かすというのは、鬱の人にとってはかなりのハードル。

たまねぎを今炒めている野菜に合う大きさに切り、椎茸の石突きをとり、笠と茎の部分を分け、茎も縦に裂いて、完成!

「じゃあそれ入れて、炒めるのお願いしていい?」

追加の野菜をフライパンに投入し、ダンナは炒め始めました。

私はそこはダンナに任せ別の物に取りかかりながら様子を見ていると、自分で判断して塩こしょう もしています。

こうして無事に「料理」を成し遂げたのでした!!!!

料理というのは、段取りも考えなきゃいけないし、同時進行で色々な物を進めていくので、かなり大変だと思うのですが、今回は「野菜炒めの野菜をプラスして仕上げる」という単品だったとはいえ、よくやったと思います。

前回のボタン1つ押すのでさえ文句言っていた人と同じ人とは思えないくらいです。

これも鬱の波のせいかもしれませんね。

今回のお試し外泊は良い感じに終了しました。(*^_^*)

次回お試し外泊の時は、(今までは家にずっといたので)「買い物に行く」を試みたいと思っています。





プロフィール

マリーン

Author:マリーン
鬱のダンナを支えて家庭を守っています。
平成27年秋から株デビュー。
なんとか数年で安定して稼げるよう猛勉強中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FCカウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。